1. HOME
  2. お知らせ
  3. オーニングのメリット どのような場所で使われている?

NEWS

お知らせ

オーニングのメリット どのような場所で使われている?

オーニングテントとは、日よけや雨よけを目的としているテントのことです。様々な店舗でオーニングが有効に活用されているため、決して特別珍しいものでもありません。

オーニングは、地面に支柱を立て屋根を設置する方法ではなく、壁や屋根の部分を支点として庇(ひさし)のように布地を延ばし設置します。

また、オーニングは、レストランなど店舗で使用される以外、工場でも設置されるケースがあります。

荷捌き場の施設を拡大することは予算的になかなか難しくても、オーニングを設置することで手っ取り早くスペースを確保することができます。

今回この記事では、

・オーニングのメリット
・オーニングを設置する上で注意しなければならないポイント
・オーニングはこのような場所で使われている
・工場でもオーニングが活用されている

について知ることができます。

オーニングのことが気になるという方々はぜひ一読ください。

オーニングのメリット

オーニングのメリットには以下のようなことがあります。

・太陽光をうまく調節できる
・省エネ効果を期待できる
・雨よけ効果がある
・周囲の目線を遮断できる
・スペースを確保できる
・看板として活用できる

太陽光をうまく調節できる

オーニングのメリットは、太陽光をうまく調節できることです。

レストランのテラス席の魅力と言えば、いつも明るく日が射すことであるかもしれません。しかし、テラス席に魅力を感じるものの、一方では紫外線を避けたいと思うお客様も多くいらっしゃることでしょう。そのような意味では太陽光はメリットだけではなくデメリットもあります。スマホをやっていて太陽の光がまぶしすぎるということもあるでしょう。太陽光がさんさんと降り注ぐことでお客様減につながってしまうかもしれません。

オーニングは、長さと角度を調節することができます。太陽光が強すぎないときにはしまい開放的スペースを作ることができますし、逆に延ばせばまぶしさを避けることができます。

省エネ効果を期待できる

オーニングで太陽光を調節することができれば、省エネにも貢献することができます。

レストランやカフェの場合、オシャレなガラス張りのお店もあります。しかしそのままの状態では太陽光がフルに降りそそいでしまうため、特に真夏は空調で相当電気代がかかってしまうことになります。

実際に行った実験の結果では、オーニングを使用したことで体感温度は、7度ダウンできたという報告があります。

雨よけ効果がある

また、オーニングには雨よけ出来るメリットがあります。店舗にオーニングを設置すれば、お客様が出入りする場所を雨から守ってくれ、傘をさしたり閉じたりすることがしやすくなります。

また、住居にオーニングを設置すれば、突然の雨でも、洗濯物など濡らさず済ますことができます。

周囲の目線を遮断できる

さらにオーニングのメリットは、周囲の目線をシャットアウトできることです。周囲に高い建築物などがあれば、そのままのテラス席では丸見え状態になってしまうことでしょう。よって、レストランなどでその場所を避けようというお客様心理も出てきてしまうことでしょう。落ち着けない場所を提供している以上、売上減にもつながります。オーニング設置は、プライバシーも確保することができ、容易に見られる問題を解決します。

スペースを確保できる

オーニングには、スペースを確保できるメリットがあります。オーニングを設置することで、お店ではテラス席を確保することができたり、禁煙スペースなどを作ることができます。

また家庭では、オーニングを設置しBBQスペースとしていることもあります。

オーニングにより作られたスペースには、それぞれの方々がさらにいろいろな使い方を考案することができそうです。

看板として活用できる

店舗において、店舗名入りのオーニングを設置すれば、看板として宣伝効果が見込むことができます。

また、オーニングの先に照明器具を取り付けることで、ライトアップしより目立たせることができます。

さらに、オーニングのキャンバス生地部はカスタマイズすることができます。方法ひとつでお店の個性をより引き出すことが可能です。

オーニングを設置する上で注意しなければならないポイント

ここでは、これからオーニングを設置しようと思っている方々のため、設置する上での注意ポイントを解説します。

注意ポイントは以下の通りです。

・法律を遵守する必要がある
・設置角度を工夫する
・悪天候に注意しなければならない

法律を遵守する必要がある

オーニングを設置しようと思えば、

・道路交通法
・屋外広告物法
・建築基準法
・消防法

などと言った法律を遵守する必要があります。

オーニングは建物に設置するものであり、防炎加工が施されたキャンバス生地を基準値としていますが、消防法によって不燃キャンバスを使用することを求められることもあります。

エリアごとに規制であったり、都市景観条例などもあり複雑であるため、オーニングを設置しようと思えば、一度専門業者に相談することをおすすめします。

設置角度を工夫する

オーニングのキャンバス生地によって作られる日陰部分は、出幅と、角度によって決定されます。オーニングを設置する時に出幅と角度を決めることになります。

設置した後に角度を変更したい場合、自身で行うのではなく別途工事が必要になってしまうので、最初設置時に熟考する必要があります。

悪天候に注意しなければならない

強い雨が降ってきたり、強風などの悪天候時は、オーニングは閉じるようにしてください。悪天候時にオーニングをそのままの状態にしておくことで、本体が壊れてしまう恐れがあります。

天気が悪くなる都度オーニングを閉じなければならないのは面倒くさいと思う方々もいることでしょう。そのような方々は、手動型のものではなく、自動型のオーニングが販売されているのでそちらを購入することをおすすめします。

オーニングはこのような場所で使われている

オーニングを使用しているのは、レストランやカフェだけという訳ではありません。
様々な場所で、いろいろな目的のために使われています。

・レストラン
・カフェ
・観光施設
・商用施設
・宿泊施設
・幼稚園
・プール
・競技場
・一般住宅
・医療機関
・介護施設
・公共施設

などと言った場所で、

・看板効果
・紫外線対策
・日よけ対策
・雨よけ対策
・省エネ
・プライバシー保護

などの目的で使用されています。

また、コロナ禍では、三密回避対策としてオーニングが導入されることがありました。

工場でもオーニングが活用されている

オーニングは、また、工場でも有効的活用されています。

全く視野に入れていなかった……という工場経営者の方々も、オーニングを設置し業務効率化を目指してみてはいかがでしょうか。

工場でオーニングは以下のような使われ方をしています。

・荷捌き場
・ストックヤード
・雨よけ対策
・日よけ対策
・喫煙スペースの設置

荷捌き場

作業場では、オーニングによって荷捌き場を確保することができます。物流の変動にともなって作業員を増やさなければならないということもあるかもしれません。そのとき荷捌き場が狭いと感じれば、手っ取り早くオーニングを設置して荷捌き場とすることができます。

なかなか施設自体を増設できないという担当者におすすめです。オーニングは、コストパフォーマンスの高い改善策です。

ストックヤード

また、オーニングはストックヤードとして活用されています。担当者の方々は、業務拡大であったり繁忙期などにより、商品や資材を一時的に保管できるストックヤードが欲しいと思うこともあるでしょう。

オーニングによって、ストックヤードも簡単に作り出すことができます。

雨よけ対策

トラックからフォークリフトなどを使い荷下ろしや積み荷をするとき、雨で濡れてしまうこともあるでしょう。荷物が濡れてしまうことで、お客様からクレームが来ることもあるかもしれません。また精密機器の場合は、濡れてしまうことで故障のリスクも心配しなければなりません。

オーニングを設置することで、雨よけ対策をすることができ、工場の大事な荷物を雨から守ることができます。

日よけ対策

建物の出入り口などにオーニングを設置することで、直射日光から商品や資材を守ることができます。

また建物の中に直射日光が入るのを防ぐことができるため冷房負荷を軽減することが可能、省エネを実現します。

喫煙スペースの設置

2020年4月1日には、改正健康増進法が全面施行されることになりました。その結果、多数の従業員が労働している工場や倉庫において、原則として「屋内禁煙」となっています。違反すれば、施設管理者の場合、50万円以下、喫煙者の場合、30万円以下の罰則が課せられることになります。

よって禁煙か、屋外での喫煙が義務付けられることになりますが、禁煙はできないという方々もまだまだいます。また、炎天下の中での喫煙は熱中症のリスクについても考える必要があります。そのようなリスクを回避するために、オーニングを設置することには大きな意味があります。

まとめ

いかがでしょうか。
今回は、オーニングについて、オーニングのメリットとともに、活用されている場所について解説しました。

最初に、オーニングはレストランやカフェで使用されるものという認識の仕方をしてしまっている方々が多くいます。しかし、そうではなく、オーニングはもっと多方面の分野で有効的に活用されています。

工場経営のおいても、オーニングによって手っ取り早く荷捌き場やストックヤードを作り出すことができます。

本格的に荷捌き場を作る予算がないという工場担当者に、オーニングはおすすめです。

最新記事